上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←メインサイト「Tarokun工房」
まずは昨日触れた方々、ブラックさん、たーちゃんさん、かちょーさんから連絡いただきまして、

無事ケータイに登録できました。ありがとうございます。


さて、今日は久しぶりにHatanakaさんに電話しました。

もうね、いつもながら呼び出し音の時はげしくキンチョーします。

が、お声を聞くとリラックスできます^^やっぱいい人やわ~

「ケータイ水没しちゃったんで、また空メールでいいんで送ってください」

「またはしゃぎすぎたんでしょう~?」

とか世間話しつつ・・・・

ガンプラモデラー鬼門の「金色塗装」について話しました。

そう、今やってるストフリの関節とか百式(やってないケド)の金色塗装を、HJ誌エースモデラーであるHatanakaさんならどのようにされるのか???

興味ありますよね~~~?え?ない??


まず、

「私なら安い金色使いますね~」

意味わかります?そう、500円くらいの塗料じゃあなくて、フツーの100円そこそこの塗料。

塗装順序ですが、ストフリなどの小物の金色塗装の場合、

サフ→黒→金色→クリアーイエロー→光沢仕上げ(ウレタンクリアー?)

だったんですが・・・

「サフはシンナーで梨地化しますから」


で、Hatanakaさんの場合といえば

サフ→ペーパーでサフ落とし→黒×3回(?)→1500番で研ぎ出し→金色→光沢仕上げ

だそうです。

「いや、これは誰でもやってますよ」

え?そうなんですか?←やってない人

Hatanaka塗り、略して「エッチ塗り」(間違った略し方)として紹介しようかと思ってたのに^^;;


「百式みたいな面積広い場合はまた違うんですけどね~」


一般的ではないマテリアル(ラッカーサフに代わるもの)を教えてもらいました。
(初めて聞きました)

わかる人いてるかな??


これについてはまたの機会に^^



おぉ~、久しぶりのプラモネタですね~。

Hatanakaさん、お忙しいのにサンクスでした!^^


スポンサーサイト
←メインサイト「Tarokun工房」






























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。