上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←メインサイト「Tarokun工房」
2007.07.08 レポ
ガレキを完成させるべく仕上げをやってます。

が!

ヒジのマルイチパーツがない!!


う~む、しゃぁね~、複製じゃあ!

って、あれ?高知の時使い切ったよな・・・

ええい!メンドイーけど行くか、バシに・・・

RIMG0069.jpg


今回買ったシリコン材。
透明タイプ。

「透明だから注型作業が一目でわかる」

いや、わかってどうなんだ?って思いますが(汗)

まま、買った決め手が
「気泡が入りにくい」
「細かいパーツの複製に向く」
「繰り返し使うことが多い場合によい(シリコン強度が高い)」

RIMG0071.jpg


最初の攪拌、これ基本でありますが・・・

水アメみたいです^^

この時点では粘性があるんですが、硬化剤を混ぜると
粘性が改善されます。

うむ、確かに気泡が入りにくそう・・・と思いました。


RIMG0072.jpg


で型取りしました。
ヒジのマルイチだけが必要なのですが、今後144で使えそうなんで、
ヒザのそれもまとめて型取り。

で、透明なんでエアがよくわかり、大きな気泡はエアブラシで消しました。

が、やはりマイクロエアは真空引きしないと完全に抜くのは不可能・・・

高知の時は普通に真空引きしてましたからね・・・ありがたかったな・・

型の気泡抜きがキャストの出来を決めると思っていますので、

透明シリコンの有効性を確認しました。

RIMG0073.jpg


で、久しぶりの複製完了!(片面ですが)
気泡がなくキレイに抜けました^^

なかなかいいですよ、透明シリコン!
シリコンの気泡が見え、消せますから・・・

皆さんも試してみてはどうでしょう?
スポンサーサイト
←メインサイト「Tarokun工房」
Secret































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。