上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←メインサイト「Tarokun工房」
2006.06.02 お知らせ&複製
■にゅーす

急に用事が出来て明日から大阪に帰ります。

帰高は5日を予定しています。

コンペの4作品は5日以降の公開となりますがご理解よろしくお願いします。
たーちゃんさん、今回時間ないのでアレですが、機会あれば是非オフりましょう^^

■複製

「あちきだってたまにはガンプラやってんだ」ってトコを見せておかないと!

ってなワケで、複製ネタ行きます~(ガンプラ?)

************************************************

今やってるマク2の肩アーマーの形状を変えたので、それを複製することにします。

よりいいキャストを作ろうとすると、色々なコツがあるようです。
(以前のボール製作時にお勉強)

注入も大事ですが、型も大事やと思うんです。

いかにシリコンから空気を抜くかがカギ^^

空気を抜くと、シリコンの耐久性が上がる(コンクリートと同じ・・って凍結融解は無視)し、レジン道の超ミクロ気泡がなくなれば、レジンに空気を巻き込まないと思います(持論)。



・・・・・前書きが長くなりました。


幸いにして、私の周辺は真空ポンプがあるので、それを使います。


20060520111005.jpg

複製準備したものを真空ポンプにセット

20060520111122.jpg

シリコンを入れます。ブロックの高さがポイント。

20060520111408.jpg

型は古いけど、こんな真空ポンプです。
いいんです、空気が抜ければ^^

20060520111511.jpg

電源入れて、空気抜き開始!
・・・・すごい出ます^^
ブロックを高くしてるのは、空気が出てきたときに、一緒にシリコンも上がってくるからです。

20060520111624.jpg

15分後くらいの画像。どんだけ出んねん!ってくらい出ます。

エアブラシで空気抜かれてる方もおられると思いますが、

真空ポンプでこれなんで、1時間以上は頑張った方がいいかもしれません(いや、マジで)。


20060520112112.jpg


30分して気泡が少なくなってきたのでポンプの電源切って成果を見てみました・・・



pic11.jpg



空気抜けていい型枠できたと思ったら


空気抜きすぎて、シリコンから原型が顔を出す・・・


武勇伝・武勇伝・ぶゆうでんでんででんでん・・・・かっき~~ん。


かなりようけシリコン練ったんですがね~。おそるべし気泡・・・また練って追加しときました、。
スポンサーサイト
←メインサイト「Tarokun工房」






























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。