上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←メインサイト「Tarokun工房」
2007.02.18 まだまだ
久しぶりの咸臨丸です。

何度も書いてますが、デカいので置き場に困ります。


ほこりの養生も大変
20070218142846.jpg


八尾市のゴミ袋をいっぱい使っております^^


で、現在は甲板上の付属品がほぼ完成・・・
20070218143013.jpg


参考にHGUCゲルちゃんを置いてみました。デカイっしょ?

次は本体の横につく付属品を製作・・・


あぁ・・・オワリが見えない・・・・
... 続きを読む
←メインサイト「Tarokun工房」
kan14.jpg


船体には段差やらスキマがあるので「木工用エポパテ」を全面に盛り付けてラインを調整します(途中写真)

モノがでかいのでパテ消費もハンパではないです・・・・


kan15.jpg


アルテコやらHGパテやら使用したので変な絵になってます。

kan16.jpg



木目はある程度残した方がグッドらしいのでランダムに木目を出してます。

kan17.jpg


甲板ですが、説明書には「塗装しません」となってます。
が、完成品の写真見たら、あきらかに塗装されてます。

「ウソつき~」とか言いながら塗装しました。
左が塗装前で右が塗装後。
塗装した方がいい感じですよね。


kan18.jpg


甲板塗装完了です。
木の質感を生かす塗料で塗装しました。
小さいハケで塗装しましたが、木目が筆目を消してくれます^^


kan19.jpg


甲板のマスキングをし、砲門を開けたり内張材を貼りました。


kan20.jpg



こんな感じです^^
一部に禁断のプラ板使っちゃいました(汗)
塗装するしバレんだろ。



kan21.jpg


船尾にスクリュー板を取り付けて、いよいよサフチェックです。



今?
サフチェックの修正ちう~(TT)<めちゃ多
←メインサイト「Tarokun工房」
皆さんにあまり期待されてないとしりつつも・・・

咸臨丸をUPしないとネタがないんですよね~(これにかかりっきり)

ってことで今回は外板張りなぞ。

骨格に幅が小さくて長い板(?)をせっせと張っていきます。

上から半分くらいまで張っていき、次は下から張ります。

真ん中で微調整するわけですが、これがメンドイ。


で、写真撮ったハズやったんですが、なくなってましたので

外板張り終わった状態を公開しておきます。

kan10.jpg

大きさ比較にティッシュを置いてみます。


kan12.jpg

今度は下からのアングル。比較にMGサイズ3体置いてます^^

船尾から船頭まで1本の板を張っていくわけですが、

けっこう木が曲がってるでしょ?^^クギ打つの大変でした。(二人でやったら早いかもですが)
このライン、気に入っています。

kan13.jpg

武者の後ろあたりが微調整した部分です。

わかりますかね?


「咸臨丸やめてノアの箱舟にしません?」と義父に聞きたいトコですが、

北海道から「責任感がない」って怒られそうですので、頑張ります!
作例できた頃かな?
←メインサイト「Tarokun工房」
最近プラモに触らず、ひたすらコイツをやってます。


kan06.jpg


前回削りだした、船尾ブロックを張ったら甲板張りです。


kan07.jpg


甲板の材料。ひたすら張ります^^


kan08.jpg


いきなり張り終わった画像です(汗)
中央を張ってから左右交互に張っていきます。
スキマが出ないよう、必死のパッチで押さえます^^

kan09.jpg


船尾部も苦労しました。

ってあっけない画像でオワリですが、けっこう時間かかりました。

次は第1の大きな関門、外板張りです。


すでに手をつけてますが、かなりやっかい・・・・。

形になったらまたUpします。
←メインサイト「Tarokun工房」
咸臨丸製作開始しました。

依頼人の義父に後で苦労をわかってもらうべく、できるだけ細かく写真撮っていきたいと思います! <やなヤツ


kan01.jpg


ノコとノミで溝を切りました。

知り合いの大工さんに

「スコヤで直角出すんですか?」と聞いたら

「そんなもん使いやせんがよ~」とのこと。
コニャンしゃんも忘れるわけね・・^^
武者ゼータガンダムを置いてみましたので、サイズがおおよそわかりますかね?

kan02.jpg


細かい木も切らないといけません(これからも)。難しくないけどメンドー。

kan03.jpg


骨格が完成。ここからが大変ぽ。


kan04.jpg


板の積層。ここから船尾ブロックを作ります。
階段やったらよかったんですが


kan05.jpg


ノミでせっせと粗削り。
プラと勝手が違うんで大変でした。
固い部分とやわらかい部分あり~の木目あり~の。

この木目がやっかい。
コニャンしゃんも「木をつけて」と言ってはりましたが・・・

「1方向しか削れない」大変さ・・・


これやってわかったんですケド


あちきには仏像彫刻はできない!ってコトです^^


咸臨丸、本日はここまで。


さ、ガンプラしよっと。
←メインサイト「Tarokun工房」






























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。